本文へスキップ

岩手県奥州市の歯科医院 矯正治療・審美歯科・予防歯科・口腔外科・インプラント・小児歯科・口腔漢方 

電話での受付(平日8:00~17:30) 0120-84-9229
0197-24-9229

 ナビ音声予約ダイヤル(診療時間外)
0120-648(ムシバ)-584(イヤヨ)

  

  三浦歯科医院


顎関節の治療 Temporamandibular joint disorder

顎(あご)を動かすと痛い、口を開けると音がする、口が開け辛い、咬み合わせがおかしくなった・・・このような症状が出るのが顎関節症です。
顎関節症はその名の通り「関節」の病気ですのでひどくなると治療の難しい病気です。

症状

1. 顎を動かすと痛い
耳の前あたりが痛むことが多いのですが、人によっては顔の側面から頭まで痛みを感じることもあります。初期には頭痛と間違えることもありますし、肩こりや腰痛、指のしびれを伴うこともあります。

2. 口をあけると音がする
口をあけるときにカクン、コリッという音がする人はたくさんいます。痛みがなく、何年も症状が変化しない、という場合にはそれほど心配することはありません。ただし、変化してだんだん大きくなっているようなとき、「ザラザラ」「ギシギシ」という音になったときには顎関節症が疑われます。また痛みを伴う、口が開けられないといった症状を伴う場合には専門医に相談する方が良いでしょう。

3. 口が開け辛い
顎を動かすことで痛みを感じる為に無意識に口を開けないように抑えてしまい、口が開きにくくなることがあります。
また、関節内部に顎を動かし辛くするような組織の変形が起こることもあります。

4. 急に咬み合わせがおかしくなった
関節や筋肉に問題が起こると、それが原因で咬み合わせが変化し、それまでと違うところで咬み合い、接触するようになることがあります。また、咬み合わせ自体は変化していなくても、痛みがあることによって脳が咬み合わせに違和感を感じることもあります。

治療法
◎ 意識の改善 肘をつく、背中を丸めるなど顎にとって良くない姿勢や癖に気づき、改善してもらいます。    
心理療法 ストレス、心理的な要因から顎関節症を引き起こしていることもあります。このような場合には神経科などの医科の受診を勧めることもあります。ストレスによって寝ている間に強いくいしばりをしていたり、歯ぎしりをしている場合にも顎の疲れや痛みを起こすことがあります。
◎ 理学療法 (※1)   下記に記載。 
◎ 薬物療法 消炎鎮痛剤、筋弛緩剤、ビタミン剤などを用いて症状を緩和します。
◎ スプリント療法 (※2)   下記に記載。  
◎ 咬合療法  咬み合わせの調整を行い、矯正治療や、かぶせ物を調整したりします。  
◎ 外科的治療 顎関節内部に組織の異常がある場合には、手術による治療を行うこともあります。

理学療法 (※1)
1、 温熱療法、温湿布
2、 寒冷療法

3、 電気療法

☆マイオモニター(低周波通電療法)

筋に電流を流し、一過性に筋を収縮させマッサージする。
マッサージ効果により、筋の血流改善、筋中の老廃物排出などにより筋の緊張が改善される。
4、 レーザー光線療法
5、 マッサージ療法

スプリント療法 (※2) 

〔Step1〕

初診時、口を開閉するたび激痛があり日常生活に大きく影響していた。


 
〔Step2〕

作成されたスプリントで、かみ合わせを上げる。
 
〔Step3〕

上顎に装着時症状は全く無くなった。   
仮歯を入れかみ合わせを精査。
 
〔Step4〕

最終補綴物装着時。
 ※正しいかみ合わせを見つけてから最終補綴物を作ります。


 
WEB診療予約                       

三 浦 歯 科 医 院
浦歯科医院

〒023-0041
岩手県奥州市水沢区秋葉町140
TEL 0197-24-9229
FAX 0197-24-9194
URL www.dentalmiura.com
info@dentalmiura.com
www.dentalmiura.com


歯科衛生士募集中